労働時間の管理

労働時間の管理方法

新入社員の過労による自殺などが問題になった経緯もあり、
勤怠管理の徹底は社会的にも求められています。

勤怠管理方法としては主に2つあります。

①タイムカード(紙)

タイムレコーダーに専用のタイムカードを通して勤怠時間を記録するというもので、
以前は主流の管理方法でした。
今でも中小企業では使用している企業も少なくありません。

②ICカード・指紋認証(クラウド)

タイムカードでの管理からクラウド上(データ)で管理する方法に、
現在はほとんどの企業が移行しています。

打刻方法にはいろいろな方法があり、例えば、ICカード・指紋認証・アプリなどを使ったものもありますので、
社員数や社員のリテラシー・費用等に合わせて、サービスを選ぶのがよいでしょう。

残業時間削減のための取り組み

企業の責任として社員の勤怠管理をすることはもちろん、
残業時間を削減することも企業の業績成長にも繋がります。

各企業が残業時間を減らし、効率的に業務を進めるために新しい取り組みを始めています。
ここでは、残業時間削減のために行われている取り組み例をご紹介します。

■退社時間の宣言

朝礼など一日の始まりにその日の退社時間を宣言することで、
その日一日の業務をいかにこなすかを考えるようになります。

■退社時間のアナウンス

定時の時間に合わせてチャイム・音楽を流すことで、
退社を促す方法です。
音で知らせる以外にも、
強制的にPCをシャットダウンさせる、消灯をするといった会社もあります。

■残業チケット制

1人あたりの毎月の残業時間を設定し、
その分のチケットを発行するという取り組みをしている企業もいます。
社員が残業をしたい場合は、チケットを消費するため、
チケット分以外の残業時間を生まないように効率化を図るようになります。