上場するメリット・デメリット

上場のメリット

では、株式上場を行う事によってどのようなメリットがあるのか、ということについて紹介していきます。
基本的には上場はメリットが大きい手法であり、様々なメリットが存在しています。
まず何より重要であるのが、安定資金を得ることが出来る可能性が高まるということです。
株式を多くの人に購入してもらえる状態にするのが上場ですから、そうすることによって多くの資金が集まりやすくなり、会社としての体力を高めることになります。

また、上場することによって対外的な知名度が上がるというもの重要です。
やはり知られている会社と知られていない会社では、同じサービスを提供していても利用者が変わってきます。
さらに、上場企業は金融機関からのイメージも向上するため、融資を受けやすい傾向があり、さらに体力を高める事ができます。

知名度が上がることのメリットとして、もう一つ人材の確保がしやすくなるということがあげられます。
優秀な人材はやはり優秀な企業の方に流れていきます。
上場することによって自社の優秀さをしらしめる事ができるため、人材の確保にも大きな影響があります。

実質的な部分としては、法人税課税が軽減されるというメリットもあります。
特に同族会社である場合、上場していないと不利な留保金課税などが行われています。
上場することによってこれらのデメリットを取り払う事ができるのがメリットの一つと言えます。

他にも、市場で株式が流通することによって、株主に対する財産形成能力を発揮することが出来るようになります。
いわゆる短期投資を行う人にも効果的な株式であると認識させることができれば、会社としての評価を高めることに繋がるでしょう。

上場のデメリット

では、その反面で存在している上場のデメリットについても紹介していきます。
上場によるデメリットの一つとして、M&Aの可能性を作ってしまうということがあげられます。
上場された株式は誰でも購入することが出来るため、他の企業によって買い占められてしまうことで買収される可能性があります。
敵対的買収が行われたとしても保護する機能があるわけではありませんので、自社で対策を練って対抗しなければなりません。

常に株式の管理について考えなければならないというのが上場のデメリットの一つと言えます。
特に長く続いている会社であれば、自社が自社であるということが大きな特徴の一つなので、買収されるの可能性は大きなデメリットとなるでしょう。

さらに、株式に関する事務を行わなければならなくなるのもデメリットの一つです。
公開されていなければそれほど煩雑ではありませんが、公開株となれば流通性が上がるために株式に対する事務作業も必然的に多くなります。
新たな採用などを考えて対策していく必要があるでしょう。

そして最後に、企業内容の開示が義務付けられます。
決算や有価証券報告書などを提出公開することになるため、業績悪化などが起こると誰にでもそれが分かってしまいます。
それにより株式の人気が下がり、資金力が低下する可能性があります。

これらのデメリットを考慮して大企業ながらも上場していない企業が日本にはあります。
その中でも特に良く知られているのが、飲料品などの生産で有名なサントリーです。
サントリーは全国に展開する大企業でありながら、自由な社風を守るために非上場を貫いています。

しかしながら、上場していないことによって資金の安定化が難しいという問題にも直面しています。
そのため、子会社を上場させるという方法が取られており、本当の意味での独立を守るのはなかなか難しい状況にさし当たっているようです。