上場企業について

上場

株式上場

上場という言葉を皆さんも聞いたことがあることでしょう。
ニュースなどで「一部上場」というような言葉を聞くことが多くあるかとおもいます。
この上場というのは会社に大きく影響している言葉なのですが、それがどのような意味を持っているのかということを皆さんはご存知でしょうか?

上場というのは、会社の株式が株式市場において売買可能になる状態のことを指しています。
一般に株式公開の事自体を上場と呼び、上場した企業のことを上場企業と呼びます。
日本には数多くの株式市場があり、どこに上場しているのかということを合わせて紹介されます。

例えばマザーズやジャスダック、アンビシャスなどの株式市場に上場している場合には、「マザーズ上場企業」や「ジャスダック上場企業」というように呼ばれることになります。
また、一般市場と呼ばれる市場も存在しており、こちらは東京・名古屋・福岡・札幌にそれぞれ開かれています。
これらの場所に株式が公開され、誰でも購入出来る状態になることを上場と呼ぶわけです。

上場についての情報

では、この先のページではそんな上場についてより詳しく紹介していきたいと思います。
まず最初に見ていくのは「上場企業とは」ということについてです。
日本で上場している企業にはどのような特徴があるのでしょうか?
自社も上場を目指すのであれば、上場企業について学んでおくことは決して無駄にはならないでしょう。

もう一つとして紹介するのは「上場するメリットとデメリット」についてです。
上場出来る状態ならば必ずすれば良いのか、というとそうではありません。
実は上場には大きなメリットがある反面でデメリットも存在しています。
上場についてはこのデメリット部分についても考えた上で判断をしなければなりません。

もしデメリットの方が強いと考えたのであれば、上場せずに経営を続けていくという選択肢を取ることも出来ます。
実際にそのような選択肢をとっている企業もあるため、このページではそのあたりについても紹介していきたいと思います。

メニュー

上場企業とは

上場するメリット・デメリット