働きがいのある会社とは

やりがい

仕事をする意味

経営者が常に考えておかなければならないことの一つとして、自分の会社が労働者にとってどういった会社であるのかということです。
そもそも労働者が何故仕事をするのか、ということにも着目し、自分の会社が労働者に対して持っている意味を考える必要があります。
労働者が働く意味は人によって様々です。

賃金を得るための一点だけを考え、仕事をする人もいれば、自分の人生のなかで仕事をやりがいにしている人もいるでしょう。
ここでは、特に後者である「やりがい」「働きがい」というものについて考えていきます。
人は賃金だけで動くわけではありません。
より多角的に、人を動かす企業とは何なのかを考えてみると良いでしょう。

会社に求められるもの

この先では働きがいのある会社の条件について、簡単に紹介していきます。
このサイトで紹介するのはあくまでもその一部であって、全員がこれらに当てはまっているわけではありません。
また、働きがいについては以下のサイトでも詳細が書かれています。
参考:働きがいのある会社とは? | Great Place to Work

最初に見ていくのは「充実した福利厚生」です。
賃金だけではなく、安定した生活や老後の生活に向けた準備が出来るのも会社に求められる役割の一つだといえるでしょう。
そのための福利厚生が充実しているのは、働きがいの一つとして十分になり得ます。

二つ目に紹介するのは「女性が働きやすい職場」です。
かつて、女性は家、男性が外というのが日本の価値観でしたが、ここ20年で状況は大きく変化しました。
男女共同参画社会基本法や男女雇用機会均等法を元にし、男女がともに仕事をする環境を求められるようになっています。
その中で、女性の立ち位置をしっかり考慮すれば、女性にとっての働きがいに繋がるかもしれません。

三つ目に紹介するのは「好きなことを職にするメリット」です。
好きなことを職にする、ことは賛否両論のある考え方でしょう。
やはり好きなことをしてお金がもらえるというのは良いことですが、その反面仕事として付き合うことで好きではなくなってしまう可能性を背負ってしまいます。
そして、ここでは好きなことと仕事の関係について、働きがいという観点から紹介していきます。

四つ目に紹介するのは「職場環境があっているか」です。
ある人にとって最高の職場であったとしても、それが万人全てにとっての最高の職場であるとは限りません。
人によっては非常に働きにくい職場だと感じられてしまう可能性もあります。
どのような職場が多くの人にとって受け入れられやすいのか考えていきましょう。

そして最後に紹介するのが「給与に不満はないか」です。
やはり給与は仕事をする上での原動力であることは間違いないでしょう。
給与について再考することは、労働者の意欲を高める上で重要なポイントの一つです。

メニュー

福利厚生が充実している

女性が働きやすい職場

好きな事を職にするメリット

職場環境が合っているか

給与に不満はないか