黒字倒産が起こる理由

黒字でも倒産する

倒産というのは会社の経営が赤字になったから発生するというものではありません。
実は黒字の状態であったとしても、会社は倒産の可能性があります。
では、黒字であるのに倒産するというのはどういった状況なのでしょうか?

この状況が発生しやすいのは、まだ新しい企業の場合です。
新しい企業というのは、社会的にまだ信用がありません。
そのため、何かの製品を生産するために必要な原料などの仕入れの際、先払いをしなければならないのが普通です。
そして、その後の売り上げによって次の周期の仕入れを行うことになるわけです。

そのため、前期においては収益が出ていたとしても、次の際に原料の仕入れのための資金がない状態になると、黒字であっても倒産の危険性が発生してきます。
通常、こういった信用がない会社の先払いというのは小切手や手形によって行われることになります。
この小切手や手形は決済後になると使用できるようになり、お金を引き出せるというシステムです。
これがもし期日になっても口座に残高が足りず、使用出来る状態になっていなければ「不渡り」ということになります。

不渡りのシステム

この不渡りを出すというのは、会社にとって非常に大きな意味を持っています。
一度目はまだ何かのミスの可能性を考えて処罰が猶予されることがありますが、もし二度不渡りを出してしまうと銀行との取引が完全に凍結されることになります。
当然、仕入れなどに銀行融資を利用している中小企業はこの停止が執行されると即倒産ということになります。

このように、仕入れと売り上げとのタイムラグの存在が黒字倒産を作り出す原因となっています。
さらに不良在庫などを抱えてしまうと、この可能性は一気に拡大することになります。
そうならないために、十分の注意を払わなければなりません。