倒産の原因とは

倒産原因ランキング

数多くの企業が日々倒産していく現代だからこそ、その倒産について詳しく知っておくことは重要です。
そこでここでは、実際に倒産した企業が何故倒産してしまったのか、その理由についてランキング形式で紹介していきたいと思います。
自分の会社が倒産をしてしまうとしたらどの理由なのか、考えてみると良いでしょう。

倒産理由の実に75%を占めて第一位となったのが、「販売不振」でした。
これは言うまでもなく、会社の提供する商品やサービスの売り上げが減少し、赤字に転落してしまったことで倒産するいう内容になります。
段々と売り上げが減少していき緩慢とした倒産を迎える企業もあれば、急落して突然死する企業もあります。
前者であれば、その途上で対策を練ることでまだ止められる可能性があります。

第二位となったのは、「過去の遺産」でした。
現在の業績自体が実際には悪いものの、過去に築いた遺産があるためにその悪化が見えなくなってしまっている状態から発生するのがこの倒産ということになります。
経営者によっては潤沢だったはずなのに何故倒産したのか理解出来ないということもあります。
いつまでも過去の遺産があるとは考えず、常に財政の確認をしていくことが重要です。

第三位は「連鎖倒産」です。
これは、自社と取引を行っていた会社が倒産したことによって、その会社に頼っていた部分が崩れてしまって倒産するというドミノ倒し式の倒産ということになります。
自社のラインなどを他社に完全に頼っていると一気に倒産する可能性が高まるため、分散化などが求められます。

倒産を防ぐ

この後、第四位には過少資本の問題が、第五位には放漫経営の問題がランクインしています。
いずれの理由にしても、倒産をする会社には倒産をするだけの理由があるということを理解しておく必要があるでしょう。
何の原因もなく倒産をするということはないわけです。

ただ、それを事前に見抜き、倒産に向かわないように対策をすることは簡単なことではありません。
常に自分の会社について分析し、危険のある部分を修正していくようにすることが重要になります。