倒産する会社とは

倒産

倒産の状況

盛る企業があれば、散る企業もあります。
日本には多くの企業があり、毎日のように倒産をしているというのは皆さんもご存知のことでしょう。
2014年上半期のデータを元にして、倒産の状況について紹介していきたいと思います。

2014年の上半期、倒産をした企業は5073件という結果となっています。
それによって発生した負債は総額で1兆8000億円弱ということになりますから、この規模の大きさが分かるでしょう。
ただ、これでも前年2013年に比べると10%弱程度倒産数が少ないというのですから、平時の倒産数の多さというのは想像を絶するものです。

そこでここでは、より詳しく「倒産する企業」というものを考えていきたいと思います。
倒産する企業が何故倒産したのか、ということを知る事ができれば、今後自分達の会社が倒産しないようにするための方策を予め考える事ができるようになるでしょう。

倒産を考える

倒産企業についてまず最初に考えていくのは「倒産の原因」についてです。
倒産をする企業は、必ず何かしらの理由や原因があって倒産をしています。
その原因を知ることによって、自分達の会社が倒産の憂き目に合わないための予防をしていくことが出来るでしょう。

次に紹介するのは「会社を潰すダメ経営者の特徴」についてです。
会社の全体の方針を決定する経営者の責任は大きく、いくら従業員や幹部たちが優秀であっても最終判断を行う経営者がポンコツなら会社は倒産へとかじを切ることになります。
困ったことにこういったダメ経営者というのは自分がダメであるということを自覚していないことが多いのです。
では、会社を倒産に向かわせてしまうような経営者にはどのような特徴があるのでしょうか?もしかすると自分にも当てはまる部分があるかもしれません。

次に「社員が気づく倒産の前兆」について紹介していきます。
会社の倒産にはいくつかの種類があります。
社員たちは全く気付かず、突然倒産をしてしまうパターンも有れば、それ以前から少しずつ倒産へと向かっていくパターンもあります。
社員たちが感じている倒産へ向かう前兆にはどのようなものがあるのでしょうか?

そして最後に「黒字倒産が起こる理由」について紹介していきます。
多くの人の倒産に対するイメージは、やはり赤字で業績が悪化したことによって倒産する、というものでしょう。
しかし、実際には帳簿上は黒字であるにも関わらず倒産する「黒字倒産」といのも少なからず発生しています。
この原因が何かということについてここでは紹介していきます。

メニュー

倒産の原因とは

会社を潰すダメ経営者の特徴

社員が気づく倒産の前兆とは

黒字倒産が起こる理由