当サイトについて

成長企業

競争社会を生き残るために

日本を始めとする先進各国はほぼすべてが資本主義社会を形成しています。
唯一の例外として中国だけは共産主義を掲げているものの、その内実はすでにほぼ資本主義となっていることからも、世界の全体が資本主義で動いていることは間違いありません。
そんな資本主義社会を支えているのが、各国に多く存在している企業だといえるでしょう。

各々の企業が製品の生産や販売、各種サービスの提供を行うことではじめて資本主義社会は成り立ち、私達の生活に必要なインフラストラクチャが形成されていることは言うまでもありません。
多くの人は労働者としてその企業を支える存在となり、数少ない人たちが会社の中心に立つ役員や経営者として仕事をしているという形が取られています。
それだからこそ、役員や経営者のになっている責任の大きさというのは言うまでもなく大きいものです。

資本主義は競争の社会です。
もともと、常に成長を続けなければ保たないというシステムが取られているこの社会の中で、自分の会社が生き残っていくためには他者との競争に打ち勝たなければなりません。
競争を意図的に止めることは法律でも禁止されており、常に消費者と企業のためになるような競争をしていくことが求められます。
そんな中で生き残るためには、どのような経営をしていかなければならないのでしょうか?

このサイトではそんな企業が生き残るための方法を知るために、様々な企業や会社の形について紹介していきたいと思います。
以下でこのサイトで紹介していく内容について簡単に触れていきます。

当サイトの内容

まず最初に紹介していくのは、「業績が上がる会社」についてです。
会社としての最大の目標は業績を上げて利益を拡大し、さらに大きな会社になっていくことにほかなりません。
そうすることによってさらに多くの人に商品やサービスを提供できるようになり、ひいては自分たち経営者や労働者も潤うという仕組みになっているためです。

この部分を追求しないのであれば、企業は企業としての存在価値を半ば放棄していると言っても過言ではないでしょう。
ただ、どのようにすると業績を上げることが出来るのか、というのは難しい問題でもあります。
この項目では業績を上げることに成功するための条件としてはどのようなものがあるのかを紹介していきます。

次に紹介していくのは「働きがいのある会社」についてです。
労働者が仕事をする理由はいくつかのことが考えられます。
お金を得るために仕事をするというのが最も分かりやすい理由ではありますが、必ずしもそれだけではありません。

例えば人生の中での重要な位置づけとして仕事を見ている人もいるでしょう。
その場合に重要になるのは、自分が仕事をしていてやりがいを感じるような会社であるということです。
代わり映えしないルーチンワークだけを低賃金で繰り返す会社では、このようなやりがいを創出することは難しいと言えるでしょう。
必然的に、向上心を持った人材は集まりにくくなり、将来の会社の形が失われる原因となってしまいます。

次に紹介するのは「安心できる長寿会社」についてです。
毎日のように中小企業が倒産している現代日本において、安定した働き口を見つけるということはすでに簡単なことではなくなりました。
終身雇用制度の崩壊とともに、日本国内の労働に対する意識というものも変革の時を迎えていると言えます。

そんな状況ではあるものの、できるだけ長く会社として成り立っていられるためには、どのようなことが必要になるのでしょうか?
長寿会社となるための条件を考え、そのための布石として頂ければ幸いです。

次に紹介するのはそれとは反対の「倒産する会社」についてです。
盛り上がる会社がある反面で、潰れていく会社も数知れず存在しています。
では、何故このような倒産が起こってしまうのでしょうか?会社が倒産に至ってしまう理由やその原因について紹介していきます。
ここで紹介する内容を他山の石として、自社がそうならないように注意してみてください。

そして最後に紹介するのが「上場企業」についてです。
上場という言葉は株式の世界でよく聞かれるものですが、実際にこのシステムがどのようなものなのか理解していない人も多いでしょう。
上場というものがどのような意味を持っているのか、そしてそれによるメリットやデメリットはどのようなものなのか、ここでは紹介していきたいと思います。

これらは企業について考える際の、あくまでも入り口にすぎません。
しかし、基礎を知っているかどうかというのは、全体への理解のために重要なポイントとなってくるでしょう。
まずは簡単な所から、自分の会社について見つめなおし、今後について考えてみる礎として頂ければ幸いです。

メニュー

業績が上がる会社とは

働きがいのある会社とは

安心できる長寿会社とは

倒産する会社とは

上場企業について